次の記事を修正します。 投稿時に入力した暗証キーを入力して下さい。


趣味で相対論
23   hsaito - 2014/09/23(火) 10:04:46

不識庵さんの>13の「考え方は、以下が定理として成立すると言う主張と同じに思えてきました:

平坦な3次元空間中に埋め込まれた2次元曲面上には、特に接続を定義しなうても、題意から一義的に決まるある「自然な接続」が存在している。
そして、この2次元曲面に1点で接する平面(平面上に直交座標格子が描かれているものとする)を考えた場合、この平面を曲面との接触を保ちながら、平面の法線方向の角度を変えて、接点位置を移動させた場合、接点における接平面の座標格子の向きは、接点がどの位置にあっても、この「自然な接続」に関して、常に互いに並行である。