次の記事を削除します。 投稿時に入力した暗証キーを入力して下さい。


任意の電流分布(2)
75   冷蔵庫 - 2017/01/06(金) 10:17:15

>coJJyMANさん

何度も同じことをお聞きして、また私の理解が悪くてすみませんが、
「何故u,v以外の変数に変換するのか」という質問にもう少し具体的に答えていただけないでしょうか?

> >>1によって3次元ベクトル場を2次元ベクトル場の和に分解し
> >>18や>>67によってこの2次元ベクトル場を線形独立な直線の足し合わせで表現する方法見つけています。

それについては一応わかっているつもりです。
#18や#67で示したいのは、 $\Vec{U}(\Vec{x}+\Vec{e}l)=\Vec{U}(\Vec{x})$  を満たすUで電流密度が展開できることを示すことですよね。
この式自体は、(u,v)という変数を別の変数に変換しなくても示せますし、特に難しいわけでもありません。
確かに、極座標に変換すれば見やすくなるということはあるかもしれませんが、
そういったu,v以外の変数が必要であるという理由にはならないかと思いました。

だから、 $\Vec{U}(\Vec{x}+\Vec{e}l)=\Vec{U}(\Vec{x})$  であるUでの展開を示すこと以外に、何か理由があるのか、
それは何か、といったことが気になっています。