次の記事を削除します。 投稿時に入力した暗証キーを入力して下さい。


趣味で相対論
22   大学生A - 2014/09/23(火) 06:31:08

>座標の決め方によって重なると思うのですが。

最初に定めた地上観測者の座標(接平面上の直交2直線とその法線)が、
球面上を移動していく過程で、どの様に移り変わっていくかを、
宇宙観測者からはどう見えるのか?というのがテーマですね。
実際、接平面上の直交2直線は、小円C上を移動する過程で、
赤道上移動するような移り変わり方をしないのです。
宇宙な人さんのイメージでは、小円Cを一周すれば、直交2直線は重なるはずですね?
でも、その経路軌跡は下敷き上では、円錐体の側面図のように扇形に描かれますので、
一周すれば、ズレてしまいます。
接平面上の直交2直線の移り変わり方は、方位磁石のようにはならない。
ということでしょう。