1 初学者 2017/02/17 (金) 20:48:52 ID:UUa8UxgElI [修正] [削除]
 村山斉先生の番組の中で、砂に水を灌ぐシーンがありました。そのままそそぐと、すぐに吸い込まれる水が、穴を掘って水を灌ぐとしばらく水がたまる映像でした。表面張力の勢でしょうか?教えてください。
2 甘泉法師 2017/02/17 (金) 23:02:19 ID:ctwIRbLQLU [修正] [削除]
こんにちは。

その番組はみていません。 吸水性のない床に水をこぼしてたらいくらでも水平に広がって水はたまりませんが床が平らでなくくぼみがあればそこには溜まる、ということかなと勝手に推測しました。

雨のあとのみずたまりは必ず凹地にできます。 水平地面や「平らな」坂にはみずたまりはできません。
3 hirota 2017/02/17 (金) 23:53:55 ID:mxZWPl0EEs [修正] [削除]
そもそも何処の砂?
最初から地面にある砂なら表面は乾いてても中に水を持ってると思うが。
て言うか、番組で説明してたんじゃないの?
4 ghsobo 2017/02/18 (土) 21:22:43 ID:o31aFqxxYw [修正] [削除]
該当する番組はツベにありました。
https://www.youtube.com/watch?v=1DSuT5vGfJA
の30分あたりです。
5 甘泉法師 2017/02/18 (土) 22:43:53 ID:ctwIRbLQLU [修正] [削除]
こんにちは。

ありがとうございます。 エネルギーが集まれば集まるほど空間が凹んでまたエネルギーをよぶ、ということと理解しました。
6 ひゃま 2017/02/19 (日) 10:18:00 ID:3lIzcPo45k [修正] [削除]
それは単に含水率の関係の現象なだけです。

たとえば、競馬ならw

「稍重」から「重」の状態であれば、クッション砂同士がくっつき蹄と路盤の間の砂が引き締まった状態となり動きにくくなる[8]。その結果推進力が逃げなくなりレースタイムが速くなる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E7%8A%B6%E6%85%8B

だから砂が凹んだ構造により、含水率により、砂浜に掘った穴がすぐ水たまりになったり、乾いた砂なら、水たまりができず、TVにようになるってことで、

村山さんは、宇宙背景放射のムラもダークマターにムラがあり、そこに通常物質がたまってるようなものという仮説を表現したかったのでしょうね。

でも、それは反証例もあるので、注意が必要です。

現在の理論では、ビッグバン以降に宇宙で発生した衝撃波が、現在の宇宙の大規模構造を作る素になっているとされている。それによって生じる大規模構造の大きさは約12億光年を超えないとされている[7]。しかし、ヘルクレス座・かんむり座グレートウォールはこれよりはるかに巨大である。また、宇宙は大きなスケールで見れば均一であるという宇宙原理にも反する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9%E5%BA%A7%E3%83%BB%E3%81%8B%E3%82%93%E3%82%80%E3%82%8A%E5%BA%A7%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AB
7 初学者 2017/02/19 (日) 20:13:03 ID:IAN4BJUmg. [修正] [削除]
 実際にやってみました。平坦なら水は横に広がり、すぐにしみこみますが、円錐にくぼみを作ってから水を入れるとしばらくは、ありますが数秒で吸い込まれました。たとえで話としてはわかるのですが、面白い現象に思えましたので。





趣味の物理学書店