EMANの物理学 過去ログ No.12469 〜

 ● 運動を知らない者は自然を知らない

  投稿者:ひゃま - 2012/03/19(Mon) 11:05  No.12469 
ひゃまの光の物質空間では、光の速度c^2=空間速度v^2+物質速度w^2
宇宙空間は一様ではなく物質の分布によって違います。
参考:宇宙の一様性・等方性
http://astr.phys.saga-u.ac.jp/~funakubo/BAU/chapter6/chapter6-2.html

1、どのような速度vで慣性運動していようが、重力場の変化や自由落下運動で速度vが、cの範囲内で幾ら変わろうがEとmは変わらないが、
E = mc^2 = m(v^2 + w^2)・・・つまりvとw比は基準点によって決まる

2、加えられたエネルギーは、Eもmも増えます。
たとえば地上静止状態(m0、2GM/r)からの加速の場合、
E = mc^2 = m(2GM/r+v^2 + w^2) = m0(2GM/r + w^2) + e(加速エネルギー)
参考:運動エネルギーによる質量増加の検証となったカウフマンのベータ線屈曲の実験
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=16-03-03-02

今の相対論も量子論も光と光波の区別なく1と2の区別が明確ではありません。
その有様はアインシュタイン博士の光の子、相対論と量子論の兄弟喧嘩ってところでしょうか?

光と慣性力と重力の関係を理解せず、現実の光の速度制限と概念の速度無限大を安易に時空変換で繋げてしまったために
相対論と量子論は融合できないのです。 それを量子化しろって言うほうに無理があります。

空間速度や運動エネルギーや位置エネルギーが変化しても、質量と全エネルギーが変化する場合と変化しない場合があるのです。
それによってEやpやmやvもcという時々の物理量の関係が明確になり万物理論が完成します。

時間、空間、物質、慣性の法則・・・・ガリレオニュートン理論
(時空、物質、慣性力と重力・・・・アインシュタインの相対論)
時間、物質空間・・・・ひゃまの光の物質空間より

参考:科学の歩みところどころ 第11回 落下運動の解明
「運動を知らない者は自然を知らない」という古い格言がある。
http://www.shinko-keirin.co.jp/kori/science/ayumi/ayumi11.html