EMANの物理学 過去ログ No.12346 〜

 ● 数理科学の3月号が面白そうです

  投稿者:kafuka - 2012/02/16(Thu) 22:30  No.12346 
予告は、以下にあります。
http://www.saiensu.co.jp/?page=magazine&magazine_id=1#jigou
・「拡がりゆく量子の不思議な姿」筒井 泉
・「マクロ状態と量子測定」    湯浅一哉
・「量子フィードバック制御の数理」  山本直樹
・「悪魔が操る情報の物理」     丸山耕司
・「真空に隠れる情報と量子エネルギーテレポーテーション」 堀田昌寛
   :
とエキサイティングな内容です。

知ってる範囲で書くと、量子エネルギーテレポーテーション(QET)は、
QTのように、エネルギーをテレポートできるだけでなく、媒体が真空
つまり、媒体が何もなくても可能ということです。
これは、仮想光子や他の仮想素粒子の(t軸を↑にしたファインマン図の)左半円部分と
右半円部分がEntangledであることから、真空でも可能になるわけです。

尚、数理科学2009年2月号「発展する量子力学」も、今号と同様な企画です。
http://www.saiensu.co.jp/?page=book_details&ISBN=4910054690293&YEAR=2009

量子力学→場の理論→素粒子論 というのも大きな道ですが、
量子力学→量子情報論や量子測定論 も、大きな可能性を秘めている
と思います。
皆様の参考になれば、、、