EMANの物理学 過去ログ No.11231 〜

 ● 修正提案

  投稿者:とおりす - 2011/09/27(Tue) 18:59  No.11231 
http://homepage2.nifty.com/eman/quantum/wave3d.html

下記のように修正した方がいいと思えます。

× これでは粒子の位置についてわずかではあるが情報が得られることになり、不確定性原理と辻褄が合わない。

○ これではまずい。

理由:情報が得られるという点では、「一定の値」という情報が得られるので、どっちみち同じことです。また、不確定性原理は関係ありません。

 ***********************************

 その少し前でも、

× 強いて言うならば、粒子は全宇宙に均等に存在しているのだ。 これが不確定性原理の意味するものである。

○ 強いて言うならば、ド・ブロイ波の粒子の存在確率は全宇宙で均等なのだ。

 理由:ここでも不確定性原理は関係ありません。不確定性原理はミクロの原理であり、マクロ的な均一存在を意味しません。マクロ的な均一存在は、このモデルに限って成立することであり、一般的には成立しません。(普通は局所的に粒子が存在します。)

  投稿者:EMAN - 2011/09/30(Fri) 02:34  No.11244 
修正の提案を頂きましてありがとうございます。

このような具体的な案を示していただけると分かりやすくて助かります。

私の量子力学のページには直すべき点が多くあるのですが、
どうせなら一気にまとめて・・・などと考えているうちに
先延ばしになってしまっておりまして、心苦しく思っておるところです。

さて、この案を受け入れるかどうかをしばらく考えていたのですが、
他の「もっと深刻な部分」に比べて、それほど問題ではないと判断しました。

 「運動量が一定である」ということが完全に確定した状況では、
位置については一切の情報が得られないというのは不確定性原理の
意味するところだと私は考えております。
 実数関数の場合には位置に偏りが出ますので不確定性原理に矛盾する、
というのが最初に指摘のあった部分についての私の意図です。

確かに分かりにくいので今度書き直す時には表現を気を付けたいと思います。

また、私は不確定性原理はミクロの原理だとは考えていません。
この世界はマクロもミクロも、量子力学のルールが支配していると考えています。

 ただ、マクロな領域ではそれが見えにくくなっているだけだという点を
強調してゆきたいと考えております。
 それについても、改訂後には分かり易くしたいと考えています。