EMANの物理学 過去ログ No.11203 〜

 ● pV=nRT?

  投稿者:懐中時計 - 2011/09/11(Sun) 10:21  No.11203 
え・・・っと、高度な議論が続いている中、少し言い出しづらいのですが、ちょこっと気になることがあるので、質問させていただきます。

化学では、気体の状態方程式は、PV=nRTで表記されることが多いのですが、物理学では、pV=nRTで表記されることが多いようです。

なぜPとpで表記が違うのでしょうか?ただの慣習の違いと考えてよいのでしょうか・・・?

物理学、化学の本をそれぞれ3冊見比べたところ、全てこの慣習(?)にのっとっているので、何か意味があるのだろうかと疑問に思っています。つまらない質問かもしれませんが、もしよければ答え・考えを聞かせてもらえると嬉しいです。

  投稿者:甘泉法師 - 2011/09/11(Sun) 11:49  No.11205 
こんにちは。

PS 教育的配慮から示量変数か示強変数かで文字の大小を変えて左右のバランスをはっきり見せるのもおもしろいかもしれません

Pv=nkT とか pV=Nkt とか。 

あれ、ボルツマン定数は示量変数?示強変数?どちらでもない?

=甘泉法師=

  投稿者:懐中時計 - 2011/09/13(Tue) 04:51  No.11207 
>甘泉法師さん

こんな内容にまでレスをくれてありがとうございます。

そうですねぇ・・・。例えば、1molの気体の体積は小文字で表記したりすることはあるので、何か教育的な意味があるのだろうかと思ったのですが・・・。他の人からのコメントがなければ、やはりただの慣習なんですかねぇ・・・。

ボルツマン定数は『定数』だから、示量変数でも示強変数でもないってことでいいですよね。(^^;


  投稿者:hirota - 2011/09/13(Tue) 10:08  No.11210 
熱力学変数では大文字 T,V,U,S を使うから P も大文字を使いそうなもんだが、
http://chemeng.in.coocan.jp/ice/ice_ua.html
を見ると圧力の単位は「高校の化学では atm を使用」とあるのに対して、物理では Pa だから、紛らわしいので避けたんでしょう。
見比べた本で圧力の単位はどうなってますか?(意外と単位統一されたのに慣習が残ってたりして)

  投稿者:懐中時計 - 2011/09/15(Thu) 01:46  No.11212 
>hirotaさん

・・・なるほど!
本を見比べたところ、P→atm、p→Pa で対応しているようです。絶対ではなくて、例外もありましたが、概ね合っているようです。

単位統一はされていないようですね、化学は実社会に結びつきやすい『atm』、物理学はエネルギーの単位Jと相性のいい『Pa』を用いている、といったところでしょうか。

ようやく疑問が解消されたように思えます。このような些細な疑問に対応してくれて、ありがとうございます。