EMANの物理学 過去ログ No.10982 〜

 ● げ〜じ

  投稿者:fnbo - 2011/06/05(Sun) 17:17  No.10982 
こんにちは、ゲージ不変、変換について概念を理解できず調べているのですが、「物理法則はゲージ変換に対し不変である」と言う説明が基本としてあり

「電子と陽子の電荷をどちらを+−と選択するか自由である」というような説明は例として正しいですか?

また私が理解できるかはわからないのですが、他に言葉で例を挙げて頂けると助かります。

  投稿者:物理初心者→物理解決屋 - 2011/06/05(Sun) 17:28  No.10983 
たぶん正しいと思います。初心者だからーあてになるかは
言い換えると世界を記述するにあたって、合理的な理由がない限り、ある方法を選択することを強要されないを基本とする。
人間が電荷を+か−かを独自に決めたから陽子と電子を反対の電荷で表せたらどちらでも良い
また物理解決屋にこれから名前解名します
**********************************************************************
あてになりませんでした・・・

  投稿者:fnbo - 2011/06/09(Thu) 08:05  No.10994 
物理解決屋さん
>調べるのかなり手こずってます。
ゲージ変換の例も言い換えないといけないし・・

あ、そこまでしてくれなくて良いですよ。
私も調べるの手こずってここで質問してたので。。ありがとございました。

  投稿者:デビ - 2011/06/09(Thu) 14:39  No.10995 
>「電子と陽子の電荷をどちらを+−と選択するか自由である」というような説明は例として正しいですか?

率直にいって正しくないですね。これは単に記法(notation)の問題で、電荷の符号を逆に定義すれば、電磁場の符号も逆に定義することで理論が不変になるということにすぎません。

ゲージ不変性の簡単な例(現れ)は、例えば、静電場において電位(スカラーポテンシャル)の基準をどこに取っても良い、どこを0ボルトに定めても良い、ということがそうです。ゲージ不変性を持たないクライン-ゴルドン場(湯川ポテンシャル)などではこういった不定性はありません。

  投稿者:fnbo - 2011/06/10(Fri) 08:41  No.10998 
>どこを0ボルトに定めても良い
何となくイメージできるようになりました。デビさん有難うございます。

  投稿者:物理解決者 - 2011/06/10(Fri) 19:25  No.10999 
デビさんちがってたのですか・・・
勉強になりました。有難うございます。