EMANの物理学 過去ログ No.10743 〜

 ● 「情報」の物理的概念について

  投稿者:S - 2011/04/08(Fri) 21:45  No.10743 
初めまして。このたびはこのように素敵なサイトにめぐり合えたこと、広江様に多謝いたします。
そして、もしご興味をもっていただけたなら、私の与太話に耳を傾けていただけると幸いです。


【この世界に確かに存在しているものは、「物質」と、「情報」のみである】
【そして、一部の「情報」は物理的に影響を及ぼしうる】

ぜひ、このことに反証していただけないでしょうか。

この世界に、「物質が存在する」ことはご承知のとおりかと存じます。
そして、名前、金銭価値、契約、属性などなど、たくさんの「眼に見えないモノも存在」しています。
(=物質的に観測できない)

そして私は、一部の情報は物理的に影響を及ぼしうる、と考えています。
それは、「可能性」と「観測」です。
両方共、物理的には存在しえないものではないでしょうか。

量子論的に、「観測」した瞬間にその存在が「確定」した。
スプリッド実験によって、「可能性」が「干渉」を及ぼした。

果たして、この両者は、「情報」と無関係だと言い切れるでしょうか。

この「情報」についての私の考えはまだあるのですが・・長くなってしまいそうなのでw

どうか、ご意見をお聞かせ願えないでしょうか。
何卒、よろしくお願い致します。

  投稿者:fv - 2011/04/09(Sat) 00:42  No.10744 
こういう曖昧なといいますか、抽象的?なことは言葉で論じるのはあまりにも難しいので数学的にまとめてくれませんか?^^;

超理想的に見積もったときどういうことを示せばいいのか?などモデルがあるといいんですが^^;

言葉で議論しても結局はイメージになってしまう気がします。

  投稿者:S - 2011/04/09(Sat) 01:24  No.10745 
いささか分かりにくかったですか?

では、こう問いましょう。

あなたにお名前はございますか?
もしあるのなら、それを証明してみてください。
できなければ、あなたに名前は存在しないことになる。


ケンカがしたいわけではありません。議論であればそれでいいと思っています。
では、よろしくお願い致します。

  投稿者:はる - 2011/04/09(Sat) 02:14  No.10746 
戸籍に自分の名前がのっているのが証拠です。そのなまえが私のものである証拠は血液型、誕生日、年齢その全てが今の自分と一致してるからです。それとこの議論は長くなりそうだ・・

  投稿者:大学生A - 2011/04/09(Sat) 09:21  No.10747 
戸籍や百科事典になくとも、その個体を意味する「暗号」が他の知的生命体の間で、
共有されている状態が持続する期間に限り、「名前は存在する」と言えそう。
しかし、「名前」は知的生命体間の「共通概念」を表す「暗号」で、厳密に
「情報」と言えるのかどうか・・・。

「ほら、あいつだよ。いつもニヤニヤしながら歩いてる。」
「ああ。あいつね。変な奴だよね。」

上記の会話で「名前」は出てこないけど、ある特定の「個体」を共通認識できてはいる。
つまり、会話する二者の間で「情報」は共有されている。
でも、互いにまったく別人を想像してるなら、「情報」は共有されてないな。w

  投稿者:fv - 2011/04/09(Sat) 21:35  No.10748 
>あなたにお名前はございますか?
もしあるのなら、それを証明してみてください。
できなければ、あなたに名前は存在しないことになる。

わかりやすいです!

でも、これが証明できたとしてどんなことがうれしいのかよくわからないのです。

証明できたら まるまるが証明できてうれしいとか、まるまるの説明がつくよな的な何かはないんですか?

それと、何か使える原理とかないんですか?

この質問は”数字”を定義したから微分の公式を求めてみようみたいな感覚に見えて仕方ないのですが><;

できるわけないですよね。関数をその前に定義しないといけないです。

証明って結構、目的、使える原理、付加条件がないとしにくかったりするものだと思うのですが^^;

何かを理解したいから、付加条件などを仮定して証明したり物理や数学はするんだと思います。

でもSさんの質問はとてもおもしろい気がするのですが、何を理解したいのかよくわからなくて^^;

  投稿者:kafuka - 2011/04/10(Sun) 20:45  No.10749 
久しぶりに、コメします、、、

>それを証明してみてください
>できなければ、あなたに名前は存在しないことになる。

物理や数学でいう「証明」は、僕が思うには、

いくつかの無定義用語と公理(原理)を用いた論理体系の中に、「主張」が
含まれれば(現在見つかってなくても)「真」、「主張の否定」が含まれれば「偽」、
肯定も否定も含まれていないか、はみ出していれば、「真とも偽とも言えない」

と思っています。
つまり「真とも偽とも言えない主張」は、ありえますので、
「証明できなければ」「存在しない=偽」と言える保証はないと思います。

で、
【一部の「情報」は物理的に影響を及ぼしうる】
ですが、量子系から情報を取り出すことにより、量子系を制御する実験が、
実際 行われているそうです。
http://www.cyb.ipc.i.u-tokyo.ac.jp/research/ryoushi/index.html
ここに「量子系を制御するために必要な情報量はどれほどか」とあります。

また、「マックウエルの悪魔」の実験が実際に行われています。
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/11/19/113/index.html

  投稿者:fv - 2011/04/12(Tue) 20:01  No.10750 

おもしろい事やってるようですが理解がおいつかない^^;

情報をエネルギーなんてイメージできないw