EMANの物理学 過去ログ No.8151 〜

 ● 電荷ではなく磁荷が実在の宇宙について考察すると

  投稿者:TORON - 2009/12/29(Tue) 22:31  No.8151 
もし電荷ではなく磁荷が実在の宇宙があるとしたら物理法則はどうなるでしょうか?

磁荷Qmが移動して磁流Jmになり電場がEが発生します。
水素原子に相当する原子として、陽子に相当する単位磁荷を持つ原子核と電子に相当する反対磁荷を持つ磁子でできているとします。

とりあえずマクスエルの方程式は磁化密度qm、磁流密度Jmとし
便宜的に比例定数をα、βとします。
∇・B=αqm
∇×E=βJm−∂B/∂t
磁荷の連続の式は
−α∂qm/∂t+β∇・Jm=0
ですのでβ=−αと選べば、磁荷の連続の式を満足させます。
ここでα=1、β=−1とします。

とすると方程式は
∇・E=0
∇・B=qm
∇×E=−Jm−∂B/∂t
∇×B=μ0ε0∂E/∂t
となるような気がします。

他の物理定数や法則が現宇宙と同じだとしたら
どのような宇宙になるでしょうか?
変圧器やモーターはありうるのでしょうか?
また、物理定数も変えたらどうなるのでしょうか?
興味があります。
もし神になれるとしたらどのような宇宙をデザインしますか?

  投稿者:じーつー - 2009/12/30(Wed) 09:41  No.8152 
科学は実験と、それに合うような理論を作ることで発達してきました。

例えば、磁流が"磁流を導く物質"を通過したとき、ジュール熱はあるのでしょうか。電球のように光るのでしょうか。
ローレンツ力に対応する力は存在するのでしょうか。
シュレーディンガー方程式は成り立つのでしょうか。

予想することはできても、結局は謎のままです。実験で確認できないから。

仮に"神"と呼ばれる存在になれたとして、完全に全てを制御できるのでしょうか。
私は、現実世界の"神"がカオスまで制御しきっているとは思えないので
宇宙をデザインできるような神にはなれないと思います。

哲学的な何か、あと科学とか
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/
というサイトに『神になること』について考察された記事があるので、見てみてください。
人工生命ティエラの記事などをみれば、神が全ての事象を管理しきっている訳ではないことがわかるでしょう。
EMANさんも角運動量の保存則の記事
http://homepage2.nifty.com/eman/dynamics/angular2.html
で『運動量の保存のみをプログラムしただけなのに、 プログラムした覚えのない物体の回転や遠心力まで再現してくれたのだ。』
と語っております。つまり、神のデザインから離れた世界になっているわけですね。

人間くさい神な気がしますが、案外本物の神もそんなものかもしれませんよ(^-^;)

  投稿者:TORON - 2009/12/31(Thu) 01:11  No.8153 
じーつーさん こんばんは

確かにそうですね。
実験では確認できませんね。
しかし思考実験として意味があると思います。
物理の勉強にもなりますし。
私はジュール熱やローレンツ力は成り立つと思いますが、シュレーディンガー方程式はどうでしょうか?

人工生命ティエラやEMANさんの角運動量の保存則の記事も非常に興味深いです。しかし人口生命の進化プロセス自体に神は見出せません。数学(確率)の問題かと思います。

電荷の代わりに磁荷が存在しても案外現実世界と大きく違わないかも知れませんね。