EMANの物理学 過去ログ No.8106 〜

 ● 極夜

  投稿者:中3ww - 2009/12/16(Wed) 23:41  No.8106 
緯度66.6度を超える所では白夜、極夜という現象が起こるそうですが、白夜のときの南中高度はどれぐらいになるんでしょうか。。あと極夜のときの空の明るさって完全に真っ暗なのでしょうか。教えてください。。

  投稿者:EMAN - 2009/12/17(Thu) 16:04  No.8109 
 南中高度は季節によっても緯度によっても違います。
 緯度 66.6 度の地点では、ギリギリ白夜、極夜になる
時期があるという感じですね。

 そういうところの白夜では、
一日に一回、太陽が地平線近くに来ますから、
一度夕焼けのようになって再び昼に戻るのでしょう。

 極夜には一度夜明け前のように明るくなって再び夜に戻る、
といった感じになるでしょう。

 北極点、南極点では、太陽は地平線に平行に動きます。
 春分や秋分には太陽は地平線にそって一周します。
 冬には太陽はずっと地平線の下にあって出てきませんし、
夏は太陽は一日中、高さが変わることなく出たままになっています。

 北極圏の夜の空が赤道の空と比べて真っ黒なのかどうかは
行ったことがないのでよくわかりません。
 地球儀で見る限りは、地球の完全な裏側に入るって感じじゃないですから、
ちょっとくらい光が回り込んでぼんやり明るそうな気もしますけど、
実際はどんなもんなんでしょう。