EMANの物理学 過去ログ No.7728 〜

 ● お見舞い

  投稿者:明男 - 2009/10/01(Thu) 17:11  No.7728 
「白銀も黄金も珠も何せむに勝れる宝子にしかめやも」と言いますが、大変なことと存じ上げます。看病というのは想像以上に体力を消耗する上に心痛も伴うので御心配でしょうが無理をなさらないように。私事ですが母の看病で自分が体調を崩したことがあり、気が張っていて過労に気づかなかった事が原因でした。遠方ですが、御快癒を祈っております。

  投稿者:じーつー - 2009/10/01(Thu) 19:10  No.7729 
私も、息子さんが早く元気になることを祈っています。
退院後も生活習慣のリハビリやらなんやらいろいろあると思いますが
あまり根つめないでがんばってください。
EMANさんも、奥様も体調には気をつけてくださいね。

  投稿者:EMAN - 2009/10/02(Fri) 10:07  No.7732 
 ありがとうございます。

 息子は昨日、ようやく退院できました。
 一家が揃うというのはいいものです。
 部屋の雰囲気が一気に明るくなりました。

 しかし私も妻も急に体のあちこちが痛くなってきました。
 思っている以上に気を張ってたんですね。

 まだ時々検査に通わないといけませんが、本人は至って元気です。
 今朝は雨でしたが喜んで学校へ出て行きました。

 さて、と。 仕事の遅れを取り戻さねば。

  投稿者:明男 - 2009/10/03(Sat) 08:20  No.7733 
良かったですね。

子供の成長を見ていると、どうしても自分の親の気持ちを考えずにいられませんね。ああ、あの時父は(母は)こう思っていたんだなあ、って。
愚息ももう成人していますが、思い浮かべる姿は幼いままなのが不思議です。
楽しくもあり心配でもある、子育ては自分にとっても貴重な時間ですね。
振りかえればもう少し子供と向かい合えば良かったといまでも思います。
言うまでもない事ですが、今を大切になさって下さい。

  投稿者:全充 - 2009/10/03(Sat) 09:24  No.7734 
> 思い浮かべる姿は幼いままなのが不思議

そうですね。
うちの娘は高校二年でまだまだですが、時々やっと話し始めた頃のことや、旅先で熱を出して慌てたことを思い出します。
一度深夜救急へ連れて行ったことも
それは娘も覚えていて、時々感謝しているみたいなことを言ってくれます。
確か幼稚園前後のことなのですが。