EMANの物理学 過去ログ No.7630 〜

 ● 秋の明男

  投稿者:明男 - 2009/09/08(Tue) 23:30  No.7630 
「セクタUa-1477-β-7番回路、シナプス結合が劣化しました」
「迂回回路はあるか。γ-11を補助的に一時結合してブリッジを作れ」
「了解しました。劣化部分及び機能不全部分の切り離しを行います」
「ようし。それで全体調和に矛盾はないな」
「はっ!ありません」
・・・
「あれえ?あの俳優の名前何だっけな。えーと、えーと、草鎌たりお、じゃなくて、草薙、じゃなくて、くさ・・・くさかり!草刈りますよ・・・は変だな。草刈ますお、いや、まさよ・・・じゃあ女か。まさお!おお、草刈正雄だった」
「さっきから何をぶつぶつ言ってるの」
「いや、近頃、人の顔と名前が一致しなくてね」
「どこか、頭の線が切れてるんじゃない」
「バカ言うな。今度だって、ちゃんと草刈正雄を思いだしたぞ」
「何言ってるの。それ、阿部寛じゃないの」
「えっ?そ、そうだっけ?」
・・・
「海馬隊長、すみません、回路の一部、線が焼き切れました」
「ああ、俳優ファクタだな。生命に関係しないから、全部捨てちゃえ」
・・・
「あなた、ほら、草刈正雄はこの俳優よ」
「はいゆうってなーに?」

近頃、頭の中でこんな状態じゃないかと・・・(秋深し 将棋倒しの 脳細胞。
T_T)。

  投稿者:EMAN - 2009/09/09(Wed) 01:19  No.7633 
 あはは、明男さんお久しぶりです。 (・・・だったよな?)

 最近私の頭脳も誤動作が激しくて、面白い現象が起こります。

 「テーブルの上の白い布にオレンジ色の太い線がついてる・・・
うーん、おかしい。 前はなかったはずだが・・・」
と思って意識して見直すと、次の瞬間、その色が消えるのです。
 布の折り目に沿って、色がついて見えてたのでした。

 カーテンが揺れたりして黒い影が動くのがゴキブリに見えて、
ビクッとなったり(これくらいは昔からあるかな。)、
実際にゴキブリだったり。

 意識でそれがゴキブリだと判断する前に、
すでに潜在意識がそれが確実にゴキブリだという判定を下していて、
体が戦闘態勢になってることもあります。
 (意識が付いて行ってないのかな・・・)

 他にも視界の一部だけが突如崩れて、解像度をごまかしたり・・・。

 良くも悪くも、脳を通して世界を見てるんだなぁと分かります。