EMANの物理学 過去ログ No.6649 〜

 ● 初歩的なことですいません

  投稿者:全充 - 2009/03/27(Fri) 14:30  No.6649 
<tex>\mathrm{d}{s}^2=(c\mathrm{d}t)^2-\mathrm{d}x^2-\mathrm{d}y^2-\mathrm{d}z^2=(c\mathrm{d}\tau)^2</tex>
として
<tex>\mathrm{d}s=c\sqrt{1-\beta^2}\mathrm{d}t=c\mathrm{d}\tau</tex>
ここで
互いに速度 <tex>v</tex> で遠ざかっている場合
互いに固有時 <tex>\tau</tex> で考えたら,相手の時間は <tex>\frac{\mathrm{d}\tau}{\sqrt{1-\beta^2}}</tex> と考えてあってますか?
だとすると,浦島効果の話が???になってしまうのですが.
なにか間違えていますでしょうか?

  投稿者:T=NAKA - 2009/03/29(Sun) 00:44  No.6656 
式自体はその通りだと思います。
しかし、

>だとすると,浦島効果の話が???になってしまうのですが.

とお考えになった理由をもう少し詳細に説明していただけないと回答しづらいのです。
想像するに、
@ 固有時と座標時の混乱
A 時計の刻みの速さと時刻との混同
などが考えられるのですが。。

  投稿者:全充 - 2009/03/29(Sun) 08:32  No.6657 
T=NAKAさん(あれ?T-NAKAのスペルミス?それとも改名?)
ありがとうございます。

kafukaさんとこで、ちょっと????ですとコメントで苦悶を表明したら
TOSHIさんが救いの手を差し伸べてくださいました。

疑問の発端は式の通りだとしたら、再会した時どうなるんだ?
互いに互いの時間が遅く進む状況で、再会したら?
という疑問でした。

しかし再会するためには、どちらかが減速、加速をしなければならない
その時点でGの影響を受けたほうと、受けないほうの違いが生じる。
そのため再会した時の互いの時の経緯は帳尻があうはず。

そう考えればすっきりしました。

自己解決のようですいません。