EMANの物理学 過去ログ No.6535 〜

 ● 命題

  投稿者:光と時間 - 2009/03/08(Sun) 12:44  No.6535 
ある世界が3次元空間であり、且つ時間が存在しているのは、その3次元空間内に光が存在しているからである事を証明せよ。

  投稿者:甘泉法師 - 2009/03/11(Wed) 12:52  No.6566 
命題の整理
世界に光が存在するならば、世界は(3+1)時空である。

証明

創世記
http://www12.ocn.ne.jp/~sokkidou/sokkig_01/0101_0131.html
1神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
 神は光を見て、良しとされた。 → 光の存在
2 神は光と闇を分け、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。
 夕べがあり、朝があった。第一の日である。 → 時間の存在
3 神は言われた。「水の中に大空あれ。水と水を分けよ。」→ 空間1次元の存在(上下)
 神は大空を造り、大空の下と大空の上に水を分けさせられた。そのようになった。
 神は大空を天と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第二の日である。
4 神は言われた。「天の下の水は一つ所に集まれ。乾いた所が現れよ。」そのようになった。
 神は乾いた所を地と呼び、水の集まった所を海と呼ばれた。神はこれを見て、良しとされた。
 神は言われた。「天の大空に光る物があって、昼と夜を分け、季節のしるし、日や年のしるしとなれ。
 天の大空に光る物があって、地を照らせ。」そのようになった。
→ 空間2次元目の存在 説明:天、地、海はそれぞれ接するので(左右)
5 神は言われた。「生き物が水の中に群がれ。鳥は地の上、天の大空の面を飛べ。」
神は水に群がるもの、すなわち大きな怪物、うごめく生き物をそれぞれに、また、翼ある鳥をそれぞれに創造された。神はこれを見て、良しとされた。
6 神は言われた。「地は、それぞれの生き物を産み出せ。家畜、這うもの、地の獣をそれぞれに産み出せ。」そのようになった。
 神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
神は彼らを祝福して言われた。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ。」
→空間3次元目の存在 説明:情け深い神は人が地を従わせやすいよう地の上の移動の際に他の人を押しつぶすことがないようもう一つの次元(奥行)をつくられた。

神が創世を中途でやめることはありえない。 よって命題は証明された QED

  投稿者:kafuka - 2009/03/11(Wed) 19:13  No.6572 
妙な具合に時間発展(?)しないようです安心しました。
(そうなたら引きますので。 EMANさんご安心を)

最後の、
>神が創世を中途でやめることはありえない
ですが、これは神の自由意志で決まるので、断定できないと思います。
で、
「神は創世を中途でやめていない。何故なら、今、人間が世界を観測できるから」
という「人間原理?」を入れれば、もっといいような、、、
気がしたのですが、
「人間原理」について、無用な誤解を招きますね。

真面目に考えると、こういう「質問」に答えるのは、難しいです。

昔、読んだ本に
「神は、この宇宙を創る前は、何をしていたか」と聞かれた ある物理学者は、
「そう言う奴のために、地獄を創っていた」と言ったそうです。
欧米では、こういう返し方もあり ですが、、、

>甘泉法師さん

「科学を志す者が、こういう「質問」に、どう答えれいいか」という議論、しませんか?

  投稿者:甘泉法師 - 2009/03/12(Thu) 16:59  No.6584 
kafukaさん コメントありがとうございます。

>「科学を志す者が、

ポリシーのないいい加減なおやじです。系統的な議論はできません。
しかし、なにか貢献できると思ったらご提案のスレッドへ発言したく存じます。

=甘泉法師=