EMANの物理学 過去ログ No.5445 〜

 ● ノーベル物理学賞

  投稿者:EMAN - 2008/10/07(Tue) 19:37  No.5445 
 ほんとかい?

 ノーベル賞に南部 陽一郎氏、小林 誠氏 益川敏英氏の3氏だそうです。

 まだ疑ってるが、これでこそノーベル賞、って感じです。

  投稿者:かんけ - 2008/10/07(Tue) 20:06  No.5446 
南部 陽一郎氏とかなつかしいです、
学生時代ブルーバックスのクオークの本とか面白かったなあ。
しかし、何で今頃、もう90歳ぐらいじゃないの、かわいそうだ。

  投稿者:TOSHI - 2008/10/07(Tue) 20:30  No.5447 
どもTOSHIです。

 ノーベル物理学賞,久しぶりに日本人の素粒子論いいですね。

 NGボゾン,その他いっぱいの南部さん。。CPの破れを説明するためにフレイバーの世代を追加した小林-益川理論。。まあもらって当然の方ばかりです。。。


                      TOSHI

  投稿者:TOSHI - 2008/10/07(Tue) 21:04  No.5448 
 PS:あっと。。小柴さんがいたけど,宇宙腺だろうから純粋に理論畑ではないですね。。。

                     TOSHI

  投稿者:全充 - 2008/10/07(Tue) 21:10  No.5449 
小柴さんがおっしゃっていた、
「私の研究を受け継いだ者の中から、ノーベル賞を受賞する研究を成し遂げる者があと2人は出るであろう」
2人とは、小林さんと益川さんのことですかね。
「カミオカンデ」建設には小柴さんからんでますよね。

  投稿者:明男 - 2008/10/07(Tue) 21:41  No.5450 
Congratulation!ノーベル物理学賞!
で、出遅れたー。
ニュース見て笑ってたら、出遅れてしまった。
NHKの小林・益川さんへのインタビューが面白くて、笑ってしまった。
小林さん「嬉しいには違いないが、昔のことで、当時の別人に引き戻されるような感覚」
益川さん「特に嬉しくもない。2002年の実験で実証された時の方が嬉しかった」
そして、益川さんは小林さんのインタビュー応答ににやにや(にこにことちょっと違う)していた。物理学者が一般向けに解説するとき、同僚がちょっと興味津々ながらいたずらっぽい感じで眺めているような、子どもっぽい感じがした。いやあ、物理学者って、ほんと子供心を失わないのねー。
そして、御大、南部博士。久しぶりに拝見したが、何言ってるか半分も分からなかったぞ。お陰で南部ゴールドボソンの講義の訳のわからん記憶が蘇った。

  投稿者:EMAN - 2008/10/07(Tue) 21:45  No.5451 
 9時からのニュースを見てましたけど、キャスターはやんちゃな二人に対してどう扱ったらいいものやら、困っている様子でしたね。
 野依さんなんかは、分かり易い、世間ウケのいい答えをしてまして対照的でした。

> 学生時代ブルーバックスのクオークの本とか面白かったなあ。

 私も持ってますよ。引越しの段ボール箱の中にあるはず。
 しばらくしたら掘り出してこようと思います。


> しかし、何で今頃、もう90歳ぐらいじゃないの、かわいそうだ。

 思ったより声がしっかりしてらしてほっとしました。
 早くしないと間に合わないんじゃないかと思って心配でした。

  投稿者:ねじばな - 2008/10/07(Tue) 23:31  No.5452 
私が EMANさんの HPを見るきっかけになったのは『クォーク」という言葉を 調べたのがきっかけなので よくわかりませんがうれしいです。

  投稿者:明男 - 2008/10/07(Tue) 23:42  No.5453 
EMANさん、それそれ。やんちゃ!
だいたい、年取ったら、物分かりがいいような振りをして、アナウンサーの顔も立てーの、当たり障りの無い返事をしーの、にこりともせずぼそぼそ言うの、なんて糞食らえ(下品で失礼)。ひねくれもんの拙としては、「やれーやれー、思いも掛けぬ事を言ってやれー」と内心思っていたが、アナウンサーの腐った質問など馬耳東風でいいのだ。いかに物理学者が変人であるかを世に知らしめてくださった、3人に感謝。
・・・もっとも、終いには3人とも、近所のおっさんと変わらない風に見えてきたが、それは、まあ仕方あるまいね、フフ。
他人事と言えば他人事なのに、少し舞い上がってしまったバカ(>拙)を承知で、お祭りだー。間違えました。お祝いだー。

  投稿者:アマサイ - 2008/10/08(Wed) 00:47  No.5454  <Home>
戸塚さんが亡くなった影響があるのでは?と勝手に思っています。

そういやあ、ナンブのじいさんっていくつだっけ?やば、そろそろやっとかないと、ノーベル財団の権威がっ。ついでに、コバヤシとマスカワにも。コバヤシには嫌味を言われるだろうが。

南部さんは特に90年前後、毎年候補に上がっていましたよね。年寄りにストレスを与えてどうする。毛唐は年長者を敬うということがないからね。

とにもかくにも、

にっぽん物理学、ばんざーい、\(*^o^*)/

先生方、おめでとう!!!

  投稿者:あもん - 2008/10/08(Wed) 02:55  No.5455 
南部さん、ついにかあ。実は隠れ南部ファンですたw 実験に対して理論が先行しすぎている近代の素粒子論の分野で、純粋な理論的貢献においてノーベル賞が取れたってのは、本当に素晴らしいことだと思う。もちろん、ひも理論の創始者であることは受賞理由と関係ないわけだけど、このことはアインシュタインが相対論でなく、光電効果で受賞したのに似てるね。

  投稿者:EMAN - 2008/10/08(Wed) 09:50  No.5456 
> 戸塚さんが亡くなった影響があるのでは?と勝手に思っています。

 私もそんな想像をしました。
 選考委員会は、彼に渡せなかったことを悔やんだかな?とか、計画に狂いが生じたかなとか。


> 南部さんは特に90年前後、毎年候補に上がっていましたよね。

 某掲示板では、今回、「南部、小林、益川」を見事に予言した人がいる!って騒ぎになってたりしましたね。 毎年言われているネタだっつーの。


> やば、そろそろやっとかないと、ノーベル財団の権威がっ。

 最近の私も、彼らに与えられていない賞なんてまるで意味が無い、とノーベル賞の権威をかなり軽視していました。 他の人がもらっても、「あの人がまだもらってないんじゃ、受賞者も素直に喜べないだろうなぁ」なんて冷めた目で見てました。 今回は文句なしです。

  投稿者:hirota - 2008/10/08(Wed) 10:14  No.5457 
小林, 益川さんの名前からは「3世代/CP破れ」がすぐ出たけど、南部さんは僕も弦理論かな?と思ってしまった。
「自発的対称性の破れ」と聞いて、今度は「何でヒッグス発見の前なんだろう?」と思ったけど、あちらも都合があるんだろうね。

  投稿者:EMAN - 2008/10/08(Wed) 10:14  No.5458 
> いかに物理学者が変人であるかを世に知らしめてくださった、3人に感謝。

 私もニヤケて見てましたけど、ちょっと不安になりました。

 「古い業績ですよ、もう忘れてました。 私たちは今はとっくに、もっとずっと未来にいるんです」くらい言って、テレビの前の皆をゾクゾクさせてやれよー、とか思った。
 でもそこまで言うと謙遜じゃないかな。
 いや、もう「嬉しくない」まで言っちゃってるしね。

 「やっとノーベル賞が認めてくれましたか。 物理の世界じゃとっくに認められてましたけれど」とかでも可。
 直接過ぎるかなぁ? 意味的には同じ事言ってましたね。

  投稿者:明男 - 2008/10/08(Wed) 10:37  No.5459 
忘れないうちに書いておこっと。
「今、興味を持たれていることは何ですか」というアナウンサーの質問に、
小林さんは「多くの人とお会いして、いろんな分野に興味を持っている」と答えたのに対して、益川さんは「一般相対論の先がどうなっているか、いろいろ考えている。もっとも上手く行かず、成果は上がっていませんが」というようなことをはにかみながら仰っていた。生涯現役、死ぬまで物理屋、の見本。過去の人と思っては失礼だ、と強く感じた。アインシュタインを始めとして、数学と異なり、理論物理学で晩年に大きな業績を残した人は少ない、とよく言われてきた。しかし、この高齢化社会で、若者の無気力が蔓延している時代であるからこそ、先生方には活を入れてもらいたい。できれば指導ではなく、おのが生き様を通じてである。私にとって理想の先人、尊崇して止まない。

  投稿者:凡人 - 2008/10/08(Wed) 21:34  No.5465 
>「自発的対称性の破れ」と聞いて、今度は「何でヒッグス発見の前なんだろう?」と思ったけど、あちらも都合があるんだろうね。
http://www.kek.jp/ja/news/press/2007/supercomputer2.html
の計算実験が成功したからという事は無いでしょうか?

因みに、以下によると、小林博士と益川博士は「坂田学派」に所属されていたようです。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jps/jps/butsuri/50th/noframe/50%282%29/50th-p90.html
それにしても、南部博士がノーベル賞を受賞したのは至福の喜びですが、ニュートリノ振動を提唱した、故坂田博士、故牧博士、故中川博士や、ニュートリノ振動を確認した、故戸塚博士がノーベル賞を受賞出来なかったのは悔やまれると遅まきながら考えるのは私だけでしょうか?

蛇足ですが、南部博士がブルーバック向けに「クオーク3」を執筆していただけると非常にありがたいです。
南部陽一郎博士
こちらの掲示板をご覧になられていたら、是非ともよろしくお願いいたします。
<<追伸>>
そういえば、デビッド・ボーム博士もヤキール・アハラノフ博士と一緒に、アハラノフ=ボーム効果でノーベル賞を授与すべきだったと考えるのは私だけでしょうか?

  投稿者:あもん - 2008/10/10(Fri) 10:30  No.5479 
さっきニュースで読んだんだけど、カビボって受賞してないんですね。これは今回の小林・益川の受賞に、イタリア人ならずとも、疑問を感じるなあ。(^^;
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/081009/erp0810091131003-n1.htm

  投稿者:凡人 - 2008/10/10(Fri) 21:16  No.5481 
これを読むとそうですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E3%83%BB%E7%9B%8A%E5%B7%9D%E7%90%86%E8%AB%96
<<追伸>>
吉田先生が、今回のノーベル賞についてコメントしているのを発見しましたのでお知らせいたします。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/index.htm

  投稿者:アマサイ - 2008/10/10(Fri) 22:10  No.5482  <Home>
いや、そういうことは多々あるでしょう。事例は思い出せないけど、受賞の度に物議はあったと思うよ。今回はイタリアという比較的物理学に強い国だから声になったんでしょう。

ノーベル賞は、各科学研究界とは別の独自の判断基準があるんですよ。社会的意義とか、理論の学会以外の広まり具合とか。密室選考だからわからないけど。私は08年の物理学賞は日本人物理学者を代表して与えられたものだと考えています。

そもそもさ、ノーベル財団は国際機関じゃないんだから、受賞は不当だとか言われる筋合いないんだよね。
(^_^;)。

これが、俺たちの選考結果だ、文句があるなら表にでろ、みたいな感じですよ。
( ̄▽ ̄)v。

  投稿者:EMAN - 2008/10/13(Mon) 11:09  No.5502 
 ノーベル賞はかなり政治的な臭いがありますからね。

 今回の受賞を受けて、日本が ILC への資金を増やす動きがあるようですが、素直に喜んでいいのやら、我が国政府の馬鹿さ加減を嘆いたらいいのやら。

  投稿者:あもん - 2008/10/13(Mon) 13:58  No.5505 
まあ、小林・益川の受賞については、標準模型にCPの破れを自然な形で取り込んだ功績が評価されたと考えるべきでしょうか。世代混合だけで言えば、カビボだけでなく、牧二郎や原康夫だって貢献してたようだしね。