EMANの物理学 過去ログ No.4725 〜

 ● 七十二候

  投稿者:ねじばな - 2008/07/26(Sat) 19:33  No.4725 
今日仕事で こんな言葉を聞きました。7月26日は

【現代七十二候】
桐始めて花を結ぶ
(きり、はじめてはなをむすぶ)

こういうときは日本人に生まれてよかったなと思います。

あ よかったこともうひとつ 相対論の本売れてましたよ。そいで 物理学のほうの在庫が増やしてありました。

本棚みつめて ニヤニヤしている怪しいおばさんになってしまいました。(笑)




  投稿者:明男 - 2008/07/27(Sun) 02:11  No.4735 
早くレスしないと、消えてしまいそうなので、慌ててカキコミしてます。

日本人の季節細分能力は世界に類が無いものでしょうね。しかし、何で72なのか?

以下は愚見であり、なんら信憑性はありません。

日本に古来から様々な影響を与えてきたのは言うまでもなく中国ですが、水滸伝の36の天こう星、72の地さつ星、西遊記で悟空が72通りの変化、八戒と沙悟浄が36通りの変化、など、古来から特別な数字です。星に関わりが深いことから、星を祀る道教の流れかと思われます。
道教は言うなれば星占いであり、おそらく星座とも深い関係があるのでしょうね。一年12ヶ月は陰暦でもそうでしょうが、月の運行によるものであり、天体を暦とした歴史的な名残が今も生きているのは当然かもしれません。

さてはて、これは本当か否か、尻尾を出す前に36計逃げるにしかず・・・。

  投稿者:ねじばな - 2008/07/27(Sun) 07:43  No.4737 
>西遊記で悟空が72通りの変化、八戒と沙悟浄が36通りの変化、

さすが 兄じゃ ご機嫌なレスありがとうございます。

ちびくろさんぼの食べたホットケーキの数169枚なら知ってたけど… 孫悟空の変化の数は記憶になかったです。ふむふむ

夏休みのちびっこの昼寝前の物語のネタにしようっと

  投稿者:Kimball - 2008/07/27(Sun) 08:15  No.4738 
ねじばなさん、明男さん、
乱入ご容赦をば。\(^o^)/

goo国語辞書によれば、
「二十四節季(にじゅうしせっき)」を
3分したものとありました。
------------------
ちびくろさんぼのホットケーキの数があったとは
今日はじめて知りました!!

ふふ。
小生、いまでも、虎をみるたびにホットケーキが
食べたくなります。(結構マジ\(^o^)/)
---------------
ふーむ、169、13の二乗っすねえ....
って、So Whatですが...\(^o^)/

  投稿者:T_NAKA - 2008/07/27(Sun) 10:11  No.4742 
1年を約30日で分けると「月」で、約15日で分けると「節季」、約5日で分けると「候」という考えもあるようです。
陰陽五行・十二支十干とかを考えれば、12とか10とか6または5とかの数字の組み合わせが出てくるんでしょうね。

ウーム、、七十二候という言うより、今の季節は平賀源内の策略にまんまと引っ掛かって鰻が食べたくなります。
(しかし、国産ウナギは高い。。)

春夏秋冬の4つの季節に五行(木火土金水)を無理矢理あてはめたとき、「土」が余ってしまったので、各季節の変わり目に入れて「土用」としたのは苦肉の策ですね。。

  投稿者:ねじばな - 2008/07/28(Mon) 10:22  No.4756 
kimboll さん
RESどうも ありがとうございます。ちびくろサンボは上息子の幼稚園の卒園のときの朗読課題図書だったので そらで言えるくらい 読みました。その後問題が起きて 下の息子のときは「ふしぎなたいこ」に変わりました。なつかしい思い出です。

T−NAKAさん
うふふ 家では 夫が釣ってきますよ。うらやましいでしょ。
でも土用の行事に 合わせてというわけにはいきませんけどね。