EMANの物理学 過去ログ No.3192 〜

 ● サンタのおじさんに物申す

  投稿者:明男 - 2007/12/27(Thu) 22:15  No.3192 
今年もクリスマスがやって来て、そして何事もなく過ぎていった。サンタのおじさんは今年も来なかった。えっ?サンタさんて子どもしか来ないの?おじさんには来ないのかあ。靴下ぶら下げて、大人しくしていたのになあ。
じゃあ、子どもの頃に来たかというと、来た試しはない。
考えてみると、よい子の家へおもちゃをただで配っている奇特なおじさんだが、お金持ちの家なら家族に買って貰えるだろうから、有り難みは少ない。いや、無いといって過言でないだろう。勢い、貧乏人を目指してやって来て、幸少ない子どもに配ってこそ意義のある働きができると言うものだ。とすると、吾輩の家へ来なかったのは、リッチだったからか。そんな筈はない。赤貧洗うがごとしとは言わないまでも、人後に落ちないビンボー人であったはずだ。長じて・・・やはりビンボーである。一体、サンタさんの来る要件は何なの?ここまで考えてふと気が付いた。サンタさんとは、「幸せ」のことで、「青い鳥」と同じなのね。探したり、求めたり、待ちわびてもダメなのね。きっと。落ちは「家の中にもともとあった」のだから。
どうでもいい話ですんません。

  投稿者:はっしー帝國 - 2007/12/27(Thu) 22:34  No.3193  <Home>
私が一度だけもらったサンタさんからのプレゼントは小学校1年生のときにもらった不二家のキャンディーが赤いブーツに入っているものでした。朝、目が覚めたら枕元に置いてありました。ちなみに、お年玉は100円玉一個だったです。

2人の姉達が結婚して、また出戻ってきたとき、甥っ子、姪っ子で大家族になったのでクリスマスには誰かしらケーキを買ってくるようになりました。私は誰彼の家族に混じってケーキを食っていましたっけ。私は年が離れている末っ子だったものでそこは得していましたね。タラちゃんイクラちゃん家族に混じっているかつお君のイメージです。


  投稿者:EMAN - 2007/12/27(Thu) 23:19  No.3194 
サンタが来たら足を捕まえてやろうと、布団に隠れて見張っている内に寝てしまいました。翌朝、枕元にプレゼントが置いてある。嬉しいと言うより、捕まえられなかったのが悔しかったです。
ある年、父が帰ってきたときに「外に箱が置いてあったぞ」と、母が隠しておいたプレゼントを持ってきてしまいました。そこで母が怒らなければサンタを信じていられたのに。

さて今年、息子には、アマゾンからプレゼントが届きました。最近は人口が増えすぎたので、サンタもアマゾンを使って配るのだ、と教えてあります。

  投稿者:凡人 - 2007/12/28(Fri) 00:08  No.3195 
都市伝説みたいな話ですみませんが、伊達直人(タイガーマスク)は、実はサンタクロースの一人だったというようなことはないでしょうか?
http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/tigermask/

  投稿者:ねじばな - 2007/12/28(Fri) 13:36  No.3196 
サンタが でてくる映画では『34丁目の奇跡』が好きです。
いろんな国の子どもの話しを デパートできくサンタは 耳の聞こえない子には 手話で話しをしてます。ホンの10秒のシーンですが 私たちにとっては 希望にすながるワンカットです。皆さん機会があったら レンタルして見てください。

私は とくにプレゼントには こだわりませんが 家族でケーキを食べる クリスマスをずっと過ごしました。息子たちもなんとなく 大学を卒業するまで クリスマスと家族の誕生日には 友人と約束をせず 家族ですごしました。

今年は 夫と2人でした。 両親も実家で2人で過ごしています。クリスチャンじゃ ないけれど 人が集合する口実にクリスマスがあるのは いいことだと思います。テレ屋の日本人が
贈り物をする口実に、デートの誘いの後押しに クリスマスだからって。

今年は 4つのクリスマス会で 歌いました。「スタートライン」 … チャンスは何度でも君のそばに♪ みなさんよいお年を