EMANの物理学 過去ログ No.3059 〜

 ● 焼き芋恋し

  投稿者:明男 - 2007/11/21(Wed) 09:23  No.3059 
突然、非科学的話題で恐縮ですが。「九里(クリ)よりうまい十三里」でお馴染みの焼き芋ですが、持病の関係上、食べられません。石焼き芋のほくほくとしたのや、逆にねっとりと甘いもの、落ち葉炊きの中からひょっこり取り出す一品、女性の3大好物として言われてきましたが、男性でも好きな人は多いでしょう。名前のとおり薩摩から広まったらしいですが、日本に入ってきたのは17世紀と、それほど古くありません。食料として有能であることは戦時中の日本を考えれば納得がいきます。南方ではカッサバ(キャッサバ)でしょうが、毒抜きが必要など、お手軽に食べるというわけにはいきません。
で、何が言いたいかというと、焼き芋が食べたいなあ。ただそれだけ。

  投稿者:ねじばな - 2007/11/21(Wed) 09:57  No.3060 

今 廃棄物の処理及び 清掃に関する法律で 焚き火もあまりできないし 落ち葉も少ないですもんね

私もきのう 落ち葉を こどもに 頭から ふりかけられて昔実家でサツマイモの苗床を作っていたんですが その 苗床に落ち葉をいれたばかりのときは ふわふわガサガサ 泳いだなあ なんて思い出していました。やがて 腐った落ち葉は カブトムシの幼虫とサツマイモの苗を育てるんです。

♪やきいも やきいも おなかが グー  ♪
っていう 手遊びの紹介を 先週やりました。
じゃあ 明男兄上に代わって 今日どこかで 焼き芋たべてきますね

まかせろ〜(^−^)

  投稿者:明男 - 2007/11/22(Thu) 09:10  No.3064 
秋深し、と思ふ間もなく、冬来たる。

今は昔、霜柱の立った道を「ザクザクザク」と歩いて、途中の池に張った薄氷を指でつついて穴を開けたり、軒下にぶら下がった干し柿をちょろまかして、やっと冬が来たものなのに。
小さい秋ではなくて、短い秋になってしもうた。勢い、歌詞も変えねばなりませんな。

♪どなたさんも、こなたさんも、短い秋、気づかない。♪
♪短い秋、短い秋、二次会なし、金も無し♪
♪目隠しお兄ィさん、ちょっと寄って、おいーでよ♪
♪済ました姉さん、手も握れない♪
♪どこかで悲鳴が、秋の声・・・♪
♪付き出し一品、ビールが一本、テーブルチャージが五万円♪

てなことのないように。忘年会の季節到来ですな。

>ねじばなさん
石焼き芋と掛けて、なんと解く。江戸っ子の啖呵と解く。その心は、「屁(へ)、出やんでい(てやんでい)」
下品、陳謝。