EMANの物理学 過去ログ No.3028 〜

 ● 無題

  投稿者:kafuka - 2007/11/14(Wed) 23:51  No.3028  <Home>
すいません。
「Aでなければ、Bのどっちかだ」と言う書き方は、誤解を招きますね。
「Aであるか、Aでないかのどっちかだ」に訂正します。

僕が言いたいのは、「Aであるか、Aでないかのどっちか」=1ビットで、
それから発展する論理は、しょせん、ビット単位の論理であり、
「量子力学の重ね合わせ」のような、キュビットの論理もあります。
「人の心」を、ビットの論理でなく、考えましょう、受け入れましょう、
ということです。

  投稿者:hirota - 2007/11/15(Thu) 12:19  No.3033 
せっかくスレッドができてるので、ここに書きます。

>ζ(s)の値・・・排中律は成立するのでしょうか?
量子力学もゼータ関数も、TOSHIさんが言ってるように排中律が成立する論理の中で展開されているのだし、そもそも排中律がどうのこうの言うのは論理の公理系に対しての話で個々の事実に対するものではないので、2重に無意味な質問です。(さらに決定不能命題とも混同してたら3重、量子力学の重ね合わせと・・・以下略)

一番基礎に「論理の公理系」があり、その上に「数学の公理系」、さらに上に「物理学」があるという関係になってて、「物理学」をやる段階では、論理には排中律があり、数学は ZF 集合論からの発展、不完全性定理に出てくる自己参照を含む決定不能命題は物理学に関係ない。という状態になってます。
物理での未決定問題は単に「未だ証明してない or 前提条件が間違い」なだけの話です。(ゼータ関数は値が0になる所が一部未証明で無限大は解決済み、量子力学のあーだこーだは「古典的記述」の前提間違い)