EMANの物理学 過去ログ No.2900 〜

 ● なじかは知らねど...

  投稿者:明男 - 2007/10/30(Tue) 16:31  No.2900 
>EMANさん、こんにちは。

「なじかは知らねど、心わびて、昔の伝えは、そぞろ見にしむ」(詩人だなあ)ような、秋ですねえ。

人生の黄昏時にはちと早いけれども、すべてが疎ましく、すべてが虚しいときがありますね。これは何なんだろうと、足りない頭を振り絞り、貧弱な経験を振り返り、電卓を叩き、そろばんをはじき、四柱推命学の頁をめくっていると、家内が。。。

「何をしてるの」
「うむ。人生の深遠なる疑問を解いておるのじゃ」
「何だ、そんなこと。私に聞けばいいのに。あしたの弁当のおかずも、今日と同じよ」
「ばっ、バカモノ、そんなことで悩むか!えっ?今日とおんなじ?それは、やめてよ〜」
「ほら、ごらん」
「ああぁぁぁぁ〜ぁ、生きるって何て辛いことだ!」

えっ?笑えませんか?少し肩の力抜いてくださいね(^^;)。