EMANの物理学 過去ログ No.2031 〜

 ● プログラムの設計書について

  投稿者:KH - 2007/07/22(Sun) 19:42  No.2031 
いつもお世話になっております。KHです。

No.2029のワイルさんに直接お聞きしたいので、投稿します。

>大きなプログラムやシステムを作るとき、設計書を作りますね?

というお言葉ですが、ここで言う設計書とは何を指しているのか教えて下さい。私の電気業界では、一般に設計書というと、工事の見積金額を記載したものをさします。ワイルさんのおっしゃる設計書に当たるもの、システムの概要や中身を記したものは、図面も含めて、仕様書と言います。その中で、特に細かい部分、たとえば、電気の設備の制御部分に書き込まれた制御ソフトなどは、特記仕様書と呼ばれているものに記載されます。

業界での慣行の違いかと思いますが、ワイルさんの業界ではどのように言われているのでしょうか。定義と言うのは難しい物ですね。とくに、業種、職種が変わると同じ言葉が異なる意味を持つ場合がたくさんありますね。

  投稿者:ワイル - 2007/07/22(Sun) 20:39  No.2033 
こんにちは

>>業界での慣行の違いかと思いますが、ワイルさんの業界ではどのように言われているのでしょうか。

うーん、IT業界においける設計書は、メーカーなどによって、微妙に違うと思いますが、少なくとも、
・基本設計書 ・・・ お客の要求している処理を、どのように実現するかを書く(このレベルでは、業務内容を、どのような方式で実現するか、を書く)
・詳細設計書 ・・・ 実現の方式を、さらに、どのような「手順」で作るか、を書く(このレベルでは、つまり、プログラムの処理の流れで作るか、を書く)
・テスト設計書 ・・・ 作ったプログラムやシステムが、実際に正しく動くか、お客の要望どおりに動くか、などを書く
の3種類を作ることになります(実際には、テスト設計書などは、単体テスト設計書、結合テスト設計書、総合テスト設計書などの3種類以上に分かれますし、基本設計書なども、メーカーなどによっては、もう2,3種類くらいに分かれるところもあるので、実際には、5種類以上の設計書を作っているところもある)。

  投稿者:ワイル - 2007/07/22(Sun) 21:06  No.2035 
>>システムの概要や中身を記したものは、図面も含めて、仕様書と言います。

IT業界内における「基本設計書」を、お客向けには、「仕様書」としているところもあります。(メーカーなどによって、異なるし、完全に「基本設計書」そのものが、「仕様書」になっているわけでもないですが)。