EMANの物理学 過去ログ No.1698 〜

 ● ラニーニャ現象

  投稿者:KH - 2007/06/21(Thu) 10:53  No.1698 
いつもお世話になっております。KHです。今年は、ラニーニャ現象が見られたとのことです。ラニーニャ現象とは、夏に猛暑をもたらす現象として知られております。ラニーニャ現象とは、東部太平洋の赤道上の海水面温度が低下する現象です。丁度、エルニーニョ現象の反対ですね。

さて、今年は猛暑になるでしょうか。猛暑になると、まず心配されるのが水不足です。水が不足すると、生活上の問題が多いだけでなく、衛生上の問題が大きくなってきます。新聞などではその点をきちんと報道していないと思っています。

冷夏では、夏物が売れない、海水浴客の減少、米の不作などが取り上げられますが、猛暑、渇水の場合、電力需要の逼迫、生活用水の不足、乾燥に伴う火事の増加、熱中症の増加、各種感染症(主に熱帯地方を原因とする)の蔓延、食中毒の増加、衛生設備の不衛生化(水不足のため、洗浄が不足するため)など、実は猛暑、渇水の影響は冷夏より深刻だと私は思います。

私の仕事は設備管理ですが、猛暑、渇水の方がよほど冷夏より深刻です。皆様の地域ではいかがなものでしょうか。
私の住んでいる地域では、公式には渇水対策は行われていませんが、裏では、省エネにご協力をのチラシが来ています。さて、今年はどんな夏になるのでしょうか。

  投稿者:ワイル - 2007/06/21(Thu) 11:31  No.1699 
こんにちは

>>いつもお世話になっております。KHです。今年は、ラニーニャ現象が見られたとのことです。ラニーニャ現象とは、夏に猛暑をもたらす現象として知られております。ラニーニャ現象とは、東部太平洋の赤道上の海水面温度が低下する現象です。丁度、エルニーニョ現象の反対ですね。

エルニーニョ、ラニーニャは、スペイン語で、それぞれ、(神の)男の子、女の子ということですね。

エルニーニョがあると、日本では、長梅雨、冷夏・暖冬となって、ラニーニャの場合、短梅雨、猛暑・寒冬となるようです。

今日、沖縄は梅雨明け宣言ということで、やはり、今年は短梅雨、猛暑、寒冬となりそうな傾向ですね。
また、水不足の心配もありそうです。

夏は暑くて、冬は寒いというのは、季節物も売れて、景気も良くなりそうで良いように思えますが、いろいろと厄介なこともあるのですね?
個人的にも、東京などの大都会の猛暑は、キツくて嫌ですね。

そこで、夏の週末は、たいがい、海辺、山辺に逃げています。

  投稿者:ワイル - 2007/06/21(Thu) 22:20  No.1707 
>>冷夏では、夏物が売れない、海水浴客の減少、米の不作などが取り上げられますが、猛暑、渇水の場合、電力需要の逼迫、生活用水の不足、乾燥に伴う火事の増加、熱中症の増加、各種感染症(主に熱帯地方を原因とする)の蔓延、食中毒の増加、衛生設備の不衛生化(水不足のため、洗浄が不足するため)など、実は猛暑、渇水の影響は冷夏より深刻だと私は思います。

東京などの大都市では、ヒート・アイルランド現象とやらで、熱帯化していますね。

その影響で、凄まじい猛暑、熱帯地方のスコールのような激しい雷雨、といった現象が見られます。

夏などは、沖縄あたりより、東京などの大都市の方が高温になるようですね。

そのくらいならいいけど、マラリアなど、今までなら熱帯地方だけという感じの恐ろしい伝染病が、日本の大都市などにも上陸してきそうな話もありますし、その方がもっと怖い。