EMANの物理学 過去ログ No.1154 〜

 ● 本、届きました

  投稿者:EMAN - 2007/03/03(Sat) 11:48  No.1154 
 1時間ほど前に届きました。

 不安で、ダンボールを急いで開ける気がせず、
そーっと慎重に開封。
 第一印象は、「すげーっ。」
 中身をパラパラとめくって、ばっちりだ!
 それに、思っていたほど単調な感じでもない。

 表紙カバーも良く出来ている。
 多分、向こうの判断で、
最初に送った、無難なバージョンを使ったのね。
 その方が結果的には良かったかも。
 担当者はやっぱり少し暗めが好きなのかな。
 マットPP張りにしたのは向こうの判断だな。
 傷が付きやすいのであまり好きではないのだけれど、
第一印象が良かったので、プロの判断と言ったところか。

 中身についてはいまさら読む気がしないので、
感想はここまで。

  投稿者:大学生A - 2007/03/03(Sat) 17:04  No.1155 
おいくらなんでしょうか?

  投稿者:EMAN - 2007/03/03(Sat) 20:27  No.1156 
1890円(税込み)となっております。
 なんと! 一箇所、読者の手によって
書き込んで頂かなくてはいけない部分が見つかりました。
(素直に誤植と呼べって?
 誤植と言うか、図のパーツが消えてるんだなぁ・・・)
 もう、デーンとしてるしかないか。

  投稿者:ワイル - 2007/03/03(Sat) 22:19  No.1157 
こんばんは。。。

>> なんと! 一箇所、読者の手によって
>>書き込んで頂かなくてはいけない部分が見つかりました。

なんなら、良くある手で、ほとんど同じような2枚の絵を用意
して、両者の間にある、僅かな間違いが、いくつあるか、読
者に探させる、とか、した方が面白いですね(次いで、その
なかから、さらに抽選した読者に、豪華な景品を出す、とな
らないか?)

  投稿者:EMAN - 2007/03/03(Sat) 22:38  No.1158 
 こうなったら、何が何でも有名になって、
あのEMANが唯一激怒したミスが含まれる幻の初版本
としてプレミアを付ける事で許して頂くとか。

 いや、こんなこと言ってますけど、
さっきから本気で申し訳ないと思ってるのです。
 正誤表を挟んでもらうとかいうのは間に合うのかなぁ。

 「正誤表」・・・うーん、
載せ替えないといけない間違いってわけではないので、
「補完手順説明書」と言う感じかな。
 球を2つ描き足してもらえればいいんですよ。
 そうすれば、ほら、あなただけの本の完成です、ってどう?


  投稿者:明男 - 2007/03/04(Sun) 20:28  No.1161 
こんにちは。
「正誤表」、いけませんぞい。そんな俗なものを足してはいけません。第一、本の主題に反しますがな。

完全なるものは、逆に何も与えられないのですじゃ。ちょうど、辞書が感銘を与えないように、人格者がつき合いにくいように、まったきダイアモンドより少し傷のあるルビーが心奪うように、須くこの世のものは不完全なるが故に完全を凌駕できる余地があるんですからねえ。

球2つ?そんなもの、ここででも、ちょこっとお知らせしとけば良いのでは?ついでに正しい球の書き方講座を開いて、本の綴じ代から何p、仰角30度、方位12.5度、初速度何mで撃ち出せば、放物線を描いて、所定の位置に着弾するかを数理物理学的に解き明かし、かつプログラミング方法と簡単な装置組み立て方法を図解し、秋葉原での材料調達方法と、買い出しの際の店員への注意と、帰りの電車内での荷物の取り扱い、乗務員に挙動不審を咎めれた場合の対処方法・・・(あー、止まらなくなった。ごめんください)

  投稿者:EMAN - 2007/03/05(Mon) 08:21  No.1162 
>「正誤表」、いけませんぞい。そんな俗なものを足してはいけません。第一、本の主題に反しますがな。

 うーん、どこまで本気なのでしょうか・・・(笑

 しかし昨日、私も同じ結論に達していたのです。
 出版社に慌てて「正誤表は無し!」と
訂正のメールを送ったのですが、
もう動き始めてはいないかなぁ?
 土日を挟んでるし、どっちになるかな。

 昨日、友人たちに配って、大好評でした。
(まぁ、友人だからね・・・。)
 で、プリントミスのことは
些細なものだと、気にならなくなったのでした。

 本文中でも、「誤植は必ずある」と予言してますし。

  投稿者:明男 - 2007/03/05(Mon) 11:41  No.1163 
>うーん、どこまで本気なのでしょうか・・・(笑

すみません、ちょっとふざけすぎましたね。でも、「正誤表」は別にいらないと思うのは本当です。というか、そんな小さいことは気にしなくていいのでは、と。
もし、「完全さ」を目指すなら必要でしょうが、そもそも「完全な教科書」を作ろうとされているわけではないし、そうすれば本文の表現を「正誤」で捉えることになりかねない、と思うからです。誤植のため内容が意図と違う内容になることは困りますが、そうでなければ、既に書いたように、ここでお知らせすればいいのではないかと思います。ここでとは、掲示板ではなくて、サイト内にコーナーでもあればベターだと思います。私見ですが。
友人の末端にぶらさがっているつもりの明男より(でも、自分で買うよ・・・フフフ)。