EMANの物理学 過去ログ No.659 〜

 ● 光と鏡

  投稿者:ねじばな - 2006/10/17(Tue) 14:06  No.659 
今日は 小学校の3年の参観で 日なたのひかりを日陰に運ぶということをやりました。複数の鏡で反射させて光を室内に運んだんですが…人の顔に向けないこと という注意だけで どんなところが不思議で面白いかっていう導入がありませんでした。皆さんだったら どんなふうに子どもの科学心をくすぐってくれますか? いいお天気と2枚の鏡が教材です。

  投稿者:明男 - 2006/10/17(Tue) 18:21  No.660 
こんにちは。

小学校3年生、鏡2枚。きわめて厳しい条件ですね。

大した知恵は浮かびませんが、室内が暗ければそれなりに見せることが出来そうです。暗幕は張れますか。
隙間から通したひかりは空気中のほこりを浮かび上がらせて不思議な空間を作れますし、机の下や暗い一隅を照らしてみるなど、「ものが見える」というのがどういうことなのか、教えられるのではないでしょうか。
また、紙をくり貫いたもので、鏡の形を変えると、光の形はどうなるでしょう。図形の大小を変えたり、沢山の穴にしてみたり、簡単な手間でいろいろ試せそうです。

肝はまわりが暗いこと。子供に上記の紙を作らせたり、光の浮かんだ空間や当たったところを触らせること。

これは、暗いことによって五官を敏感にし、意識の集中を高める効果を狙います。光の匂いを嗅ぐ子がでても不思議ではないと思いますよ。光の当たったところは微妙な温度差、触覚の綾があり、日常のことなのに意外な発見があると思います。

光が何か、考えることも大事ですが、自分の体を使って”感じ”させることが大切だと思います。

  投稿者:ねじばな - 2006/10/17(Tue) 21:48  No.661 
ありがとう ございます

すみません 触覚の綾って 何ですか?自分の体に 光があったったときのこと? 光があったった部分を触ったときのこと?

  投稿者:EMAN - 2006/10/18(Wed) 00:11  No.663 
 私なら・・・
 どうして人の顔に向けちゃいけないか、というのを話し合わせた上で、鏡で反射させた日光をレンズで集めて紙を燃やして怖がらせますね。(笑

 太陽を直接見て失明した科学者の話とかもする。

 後は鏡を使って、一筆書きの星なんかの形に光を反射させて目標に当てるゲームとかするかなー。

 で、光同士が交差しても互いに影響しない不思議さとかに注目させるかな。

 皆で一斉に一点に光を集めて標的を熱くするのもアニメやゲームみたいなノリで面白い。

  投稿者:明男 - 2006/10/18(Wed) 00:29  No.664 
>ねじばなさん

これは詩的に表現し過ぎましたなっはっははぁぁ・・・(どうも)。

光は勿論触ることも匂うことも出来ませんが、自分の経験からして「感じる」ことは出来ると思うわけです。光が当たった部分を触るとき、指に温もりを感じたり(実際温度差が有る場合もそうでない場合も有るでしょうが)、他(暗い周り)と光のある所を触る違いを感覚の差として認識する、その心の働きを「あや」と表現したものです。

人が何かの実在を感得するには、触覚がベストです。
指で光を感じる人間や、文字を読むことさえできる能力者がいるということですが、真偽は兎も角、人間の触覚は複雑で不思議です。
そういう経験の積み重ねがあって初めて科学的な好奇心が生まれてくるものだと思われます。

私見ですが、極論を言えば、子どもに知識を与えることは無用で、好奇心を惹起すること、考える意志を育てること、そのためにはまず身近な世界を再経験、それも違う視点から経験させることが秘訣であると思います。

私の幼い頃は時間だけはたっぷりとあって、日常のなかで光のあたる畳や障子や廊下、金魚鉢などを延々触り、金魚鉢や障子は透かして見、あるいは懐中電灯の光と昼間のそれを比較してみたり、あらゆる光を触って、光とは何かを掴もうとしていた記憶があります。
おそらく今の子にはそのようなゆとりも経験もないでしょう。
遊びの中に経験を積める、理科の実験はそのような数少ない、教科の項目です。それだけに、難しいことも事実ですが。

まとめれば、「光」とは何なのか、自分の感覚はどう感じたのか、それを心に残してやれるような授業であれば素晴らしいですな。

私自身、小4のときに先生に「ひかりはつぶつぶか、なみのようにひろがるものですか」という質問をしています。自慢ではなく、子どもの心の柔軟性は直観でそこまで捉えうるということです。最後の感想が聞きたいですね。それで実験は失敗か成功かすぐわかることでしょう。

長くなった上に抽象化してしまいした。一部教育関係者の方には異論もあるでしょうが、私には信念に近いものです。
ではまた。

  投稿者:ねじばな - 2006/10/18(Wed) 07:56  No.666 
こんどは よくわかりました。明男兄様の言葉の綾はレベル高くて ついていくのに必死です。(笑)

身近な世界を視点を変えて再経験。メモしておきます。
今 教育実習にきた大学生が実習の間だけ4週間下宿しています。「知識は人に伝えてこそ知識」これからもいろいろ教えてくださいね。

  投稿者:明男 - 2006/10/18(Wed) 12:10  No.667 
こんにちは。

>ねじばなさん

明男爺様、でなくてよかった(^^;)。
私でよければ、微力ながら、参考になるような意見を考えますよ。経験のみですが・・・(理論なし)。
では、また。

  投稿者:ねじばな - 2006/10/18(Wed) 18:10  No.668 
(理論なし?)ご謙遜を。

理論なくても お茶目な屁理屈得意じゃありませんか(笑)

ひゃあ ごめんなさあ〜い。   では また