EMANの物理学 過去ログ No.646 〜

 ● リングシリーズ完結しました。

  投稿者:KH - 2006/10/11(Wed) 20:16  No.646 
いつもお世話になっております。KHです。夏の読書と挑戦した、リング、らせん、ループの3部作、ついに完結しました。それぞれの感想を少々。

リング
 全ての始まりですね。一本のビデオテープからその呪いは始まった。本の帯にはそのように書いてありますが、まさにホラーの王道です。特急列車のように物語は進行していき、とても読み応えがありました。

らせん
 リングの続編です。全てが終わったかのように思われたのろいのビデオテープが実は終わっていなかった。ホラーからSFに変わってしまいました。ストーリーも鈍行列車になってしまい、スピーディーではありませんでした。しかし、これは、作者の意図していたもののようで、作品としては少々消化不良で終わってしまいました。そこが残念です。

ループ
 全ての物語はここで完結する。と帯には書いてありましたが、この物語は全2作とは明らかに趣を異にしていました。内容はまさに衝撃的なのですが、正直、謎がまだ解明され尽くしていないという感があります。完結編とはありますが、まだ続編が続くのではないでしょうか。明らかにストーリーは完結していません。

3部作通しての感想ですが、ストーリー的には全く文句の言いようがありません。とても引き込まれます。作者の鈴木氏は、ホラーとして描くつもりはなかったようですね。SFとしてはとても読み応えがあります。でも、まだ、ビデオテープの謎が解かれていません。これって、続編が出ているのでしょうか。
知っているかた教えてください。

  投稿者:hisa - 2006/10/14(Sat) 16:20  No.650 
KHさん、はじめまして。

リングシリーズには最後にバースデイというのがあったはずです。
随分以前に読んだので詳細は忘れましたが、記憶ではバースデイもあまり完結編という感じではなかったように思います。

あまり有名ではありませんが、鈴木光司の他の作品(光射す海、楽園)なども面白かったですよ。