EMANの物理学 過去ログ No.514 〜

 ● 磁気共鳴現象の観測が,電磁波の吸収と放出であるという「俗説」が間違い

  投稿者:さっちゃん - 2006/09/03(Sun) 12:13  No.514  <Home>
ワイルさん、あもんさんはじめまして。
NMR信号はプロトンの核スピンが1/2から-1/2へ遷移するときにともなうエネルギーの放出であるということが誤りであるということが証明されている論文が以下で紹介されています。
これがほんとだとするとほとんどすべてのMRIの教科書は間違いということになってしまいます。これはほんとなのでしょうか?

ここで言われている仮想光子とはすなわちRF電磁波のことだと思うのですが、ファラデー誘導との違いという意味もよくわかりません。
なにかヒントだけでもいただけたら助かります。
よろしくお願いします。

EMANさん、脱稿がんばってください。

  投稿者:さっちゃん - 2006/09/03(Sun) 12:18  No.515 
すみません。スピンの話に続けたかったのですが新しいスレッドになってしまいました。
タイトルもちぎれてしまったので以下にタイトルとwebアドレスを記します。

磁気共鳴現象の観測が,電磁波の吸収と放出であるという「俗説」が間違い
http://blog.goo.ne.jp/kose1953/m/200602