EMANの物理学 過去ログ No.134 〜

 ● 古都と紫陽花

  投稿者:ワイル - 2006/06/25(Sun) 18:36  No.134 
物理も良いのですが、たまには、花を見にでかけましょう。

6月ももう終わりが近いのですが、6月の花といえば、やはり、
紫陽花(あじさい)でしょうか?

今日、鎌倉まで紫陽花を見にいっていましたが、古都の情景に
紫陽花は、また、格別ですね?

鎌倉で代表的な紫陽花寺といえば、成就院、長谷寺、明月院
といったところでしょうか?
成就院は、階段に沿って紫陽花が咲いていて、由比ガ浜海岸
の眺めも格別。また、このお寺は、縁結び、祈願成就のお寺
だそうです(だから、成就院というのだろうか?)

長谷寺の境内では、40種類以上約2500株もの紫陽花があるら
しい。北鎌倉の明月院の紫陽花も2500株ほどらしいのですが、
こちらは、日本古来の姫紫陽花が9割以上らしい。

鎌倉の紫陽花寺としては、ほかには、大仏の高徳院の近くに
ある光則寺の山紫陽花なども、見ものです。

古都といえば鎌倉だけでなく、京都や奈良も、忘れてはいけ
ません。

京都の紫陽花寺は、仁和寺、三千院、二尊寺、三室戸寺あた
り、奈良は矢田寺、久米寺などが代表的のようです。

東京でも江戸情緒が残る深川、浅草などの下町のお寺の紫陽花
も、味がありますね?

4月の桜も古都に似合う花ですが、それには「華やかさ」があ
ります。一方、6月の「紫陽花」には、「物悲しさ」を個人的
に感じますが、いかがでしょうか?

そういえば、紫陽花の花言葉は、「移り気」だそうです。
紫陽花な好きな私には、「移り気」があるようで、納得してし
まいます。

  投稿者:明男 - 2006/06/26(Mon) 00:39  No.138 
ワイルさん、こんにちは。

私も紫陽花、好きですねえ。梅雨の時期と言えば、紫陽花と蝸牛がセットで浮かんできます。

雨上がりの道端に濡れながら一層美しく見えた紫陽花。ひっそりと言う表現が似合いそうな花ですが、私には、その色とりどりの小花が「覇を競う」ように見つめ返して来るような気がします。
とても情緒あふれる花ですよね。

そう言えば、蝸牛、最近見掛けなくなりました。
長雨が続かないと、出て来にくいのでしょうか、なめくじも見ないけれど、彼らに住みにくい気候になったのかなあ。
道も舗装されて、土も見えなくなっているし。
考えれば、得た利便さの代わりに失った風物は数多ありますね。
懐古趣味はないけれど、やはり失うことは悲しいですね。

  投稿者:ねじばな - 2006/06/26(Mon) 09:47  No.139 
♪紫陽花に かたつむり〜傘の花も咲いている♪
  

ああ!明男さんは どうしてその話題を振るんでしょ!!(笑)また世間話したくなっちゃうじゃありませんか。

先日、雨上がりの朝 車で出勤しようとしたら 地続きの隣のしいたけの原木に 大きなカタツムリ 発見!殻はチャボの卵ぐらいある。大きいなあと思ってみたら 突然そのカタツムリが「走り出した」すごいスピードで。みなさんカタツムリが走るの見たことあります?私は初めてです。体の両脇ビラビラさせるのがすごくはやく、しかも尺取虫の技もとりいれて。何事?と思って車を下りて近寄ると でんでんむしの体にナメクジが這っていました。でんでんむしは嫌がって大きな殻を左右に振りナメクジを振り落とそうとしてるのですが ねばねばしてるから落ちません。ナメクジが肩口から殻の中に侵入しようとすると でんでんむしは 引っ込んで でもまだでてもがいていました。何やってんだろう?ヤドカリが殻の取り合いするのはみたことあるけど でんでんむしはたしか生まれたときから殻しょってるから 片方はなめくじだよなあ?そのナメクジは 背中の辺りが少し白くて2本緑の線が透けて見えてました。(えびの背腸みたいな感じで)時間を気にしながら10分ぐらい事の成り行きを見守っていましたら なめくじが あきらめて でんでんむしの体からはなれたとたんに でんでんむしは またすごい速さで その場を去りました。ナメクジは疲れた様子で 原木のくぼみにじっとしていました。

ある友人は なめくじとでんでんむしは似てるから それは求愛行動だ。ナメクジの体の色がかわってるのは発情期だからだと いいましたが ほんとのところは わかりません。

楽しい10分間劇場でした。(笑)みてた私もばかですけど。

(EMANさん ケータイで撮った証拠写真送りますので よかったらここに 紹介してください。動画じゃないから速さわかんないけど。)

今年は コメットっていう 小ぶりの紫陽花がかわいいですね。私は「柏葉紫陽花」のうすきみどり色と 「墨田の花火」
お気に入りです。でも思い出すのは 実家の井戸端にあった地味な額紫陽花かな。祖母が紫陽花模様の手ぬぐい姉さんかぶりしてたっけ。

  投稿者:EMAN - 2006/06/26(Mon) 22:01  No.145 
> EMANさん ケータイで撮った証拠写真送りますので よかったらここに 紹介してください。

 了解。

http://homepage2.nifty.com/eman/namekuji1.jpg
http://homepage2.nifty.com/eman/namekuji2.jpg
> 左下が私の人指し指です これはでんでんむしのおしりの方から攻めている なめくじ


(ファイル名、無意識に namekuji にしてしまってた・・・orz )

  投稿者:明男 - 2006/06/26(Mon) 23:34  No.146 
こんにちは。

なめ・・・じゃなくて、カタツムリの写真を拝見。
「うわぁ、でか!」
カタツムリがなめくじを嫌う(?)とか恐れる(?)なんて、想像もしませんでしたね。
なんでだろう?(借金取りか?←バカの一つ覚え)

日本人はカタツムリは食べないくせに、ナマコは食べる。
カタツムリはでんでんむしなどと可愛らしく呼ぶくせに、なめくじを見つけると食卓塩を振りかざして、親の敵のごとく塩化ナトリウムの絨毯爆撃を行う。
日本人の美意識って・・・。

しかし、こんな大きなカタツムリは普段どこに隠れているのかしら。木の割れ目とか、腐葉の下とかかな。

では、何のために人目に晒されるところへ出てくるのか。
「雨上がりの朝〜♪届いた・・・呼集令状」なんてね。
おそらく、湿り気が心地よいのでしょうな。日光浴ならぬ湿気浴ですね、きっと。
そんな愉しい一時に、素っ裸の親戚にまとわりつかれたら、そりゃ、誰でもイヤか・・・納得。

えへへ、久しぶりに良い物、見せていただきました。

  投稿者:ねじばな - 2006/06/27(Tue) 08:06  No.148 
emanさん 転送ありがとうございました。
明男さん ナメクジ の写真『良い物」といってくださり満足です。
♪雨上がりの朝〜   結婚するって本当ですか〜♪ですね
日曜日に 我が家で 今度結婚する 後輩のためにホームパーティとライブを開きました。楽しかったです。