EMANの物理学 過去ログ No.6 〜

 ● 新しモノ好き

  投稿者:明男 - 2006/05/23(Tue) 12:54  No.6 
こんにちは。

新しモノ好きなので、早速お邪魔しました。

藍地に白もいいけれど、緑もなかなか。日本ではまだワンボードコンピュータ時代にAppleUのカラーモニターに憧れたことを思い出しますな。
隔世の感がしますが、もう30年経ったとき、この世界はどうなっているのでしょう?(まあ、どうせいないから考えてもしょうがないけど)

話は変わりますが、「数学ピンチ」でふと思い出すと、以前愛読書(?)だった「数学セミナー」(日本評論社)を最近全く読んでいないことに気が付きました。
もしかして、数学ピンチは、オレのせい?な、わけはないわねぇ。

  投稿者:ワイル - 2006/05/23(Tue) 14:46  No.8 
EMANさん、新装開店(?)、おめでとうございます。

明男さん、こんにちは

>>藍地に白もいいけれど、緑もなかなか。日本ではまだワンボードコンピュータ時代にAppleUのカラーモニターに憧れたことを思い出しますな。

昔は、ホストの端末なども、緑色の文字が、一般的でしたね。
オレンジ色とか赤色(東芝のJ3100とか)もありました。

  投稿者:明男 - 2006/05/23(Tue) 23:59  No.9 
>ワイルさん、こんばんは。

オレンジ色の文字!懐かしいですねぇ。まだ、オフコンって呼ばれていましたっけ。
マニュアルがまあ、わざとしたように分かり難い上に15分冊くらいあったりして。机にチェーン&鍵付きなんてのもありましたね。電源ONも車のイグニッションキーみたく差し込んで廻す式だし、フォアジョブとバックジョブを切り替えたり(でも1CPU)、フロッピーなんか8インチのレコード盤みたいでしたね。

勿論、漢字入力なんてほとんど植字だもんなぁ。
しかし、美味しい事も!
プログラム作成単価がとても良かったのよね。特殊技術だから(笑)。
今や、小中学生でもひょいひょい作れるような画面をせっせと作って、さも機密文書のごとく奉り申し上げ候。
あぁ、古き良き時代は常なれど、また巡り来る春は去年(こぞ)の春に非ず。

追伸
勘違いなら申し訳ありませんって始めに謝っといてと。ワイルさん、結構御年輩なのですか。てっきり若者と思っていましたが・・・(別に回答の有無は気にしません)。

  投稿者:ワイル - 2006/05/24(Wed) 19:25  No.17 
こんにちは

>>オレンジ色の文字!懐かしいですねぇ。まだ、オフコンって呼ばれていましたっけ。

今はHPの傘下になってしまった今は無きDEC社の端末、VTシリーズ(VT100,VT200など)の文字もオレンジでした。

>>プログラム作成単価がとても良かったのよね。特殊技術だから(笑)。
>>今や、小中学生でもひょいひょい作れるような画面をせっせと作って、さも機密文書のごとく奉り申し上げ候。

昔はコンピュータを使えること、プログラムが作れることは特殊技術でしたね。
でも、いまでは使うだけなら、小学生どころか、3,4歳の幼児で使っている時代ですね。

また、メーカー毎、機種毎で、ハードも違うし、データのフォーマットやプログラムの作り方が違っていたこともあって、そのため、ハードもソフトも昔は高かったですね。

いまは、Macまだ「Intel Inside」になってしまったし、OS
もWindowsかLinux/UNIXになってきてしまった。
そのため、ハードもソフトも非常に安くなってしまった。

でも、昔の方が、ハードもソフトも「個性的」なものが多く、
その意味では、昔の方が面白かったように思えます。